不妊治療の特徴は、薬を使った治療法が多いことです。



薬物による治療

 

薬の服用

 

不妊治療の場合、薬物を使った治療法も多くあります。
妊娠するのに対し、薬を服用することで子供への影響や副作用を心配する女性は多いでしょう。

 

しかし、治療しなければ子供は望めません。
医師とよく話し合い、上手に服用しましょう。

 

<不妊治療によく使われる薬の種類の詳細はこちら。>

 

 

排卵誘発剤

不妊治療でもっともよく用いられる薬と言えば「排卵誘発剤」でしょう。

 

この薬はホルモン分泌を正常に整える作用があります。
一般には、月経不順や無月経、排卵障害などにも使われています。

 

排卵誘発剤は、体外受精において良好な卵子を取得する目的でも使用されます。
現代の生殖医療には欠くことのできない薬剤です。

 

 

 

排卵誘発剤のリスク

通常では排卵日に卵胞は一個しか育ちません。

 

しかし排卵誘発剤を使うと、場合によっては複数の卵胞が発育し、排卵されることがよくあります。不妊治療で双子や三つ子がよく出産されるのは、この排卵誘発剤が原因といえるでしょう。

 

それだけ母体の負担は重くなりますし、出産後も育児が大変です。不妊治療を行う時に排卵誘発剤を使用するかどうかは、パートナーとよく話し合っておくことが大切です。

 

 

 

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤は大きく分けて飲み薬と注射の2種類があります。
それ以外に点鼻薬を使う事もあります。

 

排卵誘発剤は副作用が心配なため、副作用の少ない飲み薬から始めて反応を確かめ、成果が現れない場合は効果が強力な注射に切り替えて治療を行います。

 

飲み薬の場合、脳に働きかけて卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの分泌を促します。
注射の場合、脳よりも卵巣の方に直接働きかけて卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンを増やそうとします。

 

しかし、注射の場合は効果が高すぎて卵巣過剰刺激症候群などの副作用が出やすくなりますから注意が必要です。

 

 

 

体外受精で使われる薬

体外受精で採卵するとき、排卵の時期をコントロールするために排卵を止める薬を使う場合もあります。

 

また、体外受精を行う前に、卵巣機能を休ませて卵巣のコンディションを良好にするために低容量ピルを使用することがあります。
子宮内膜を着床しやすい状態に整える卵胞ホルモン製剤なども使われます。

 

プロラクチンホルモンのせいで排卵が止まってしまう「高プロラクチン血症」になった場合でも、飲み薬による治療をする場合があります。

 

 

 

このように、不妊治療の場合、薬物を使った治療法が多いのが特徴です。

 

薬物治療で効果を上げるには普段の生活習慣や食生活が重要です。
精神的、肉体的にも辛いことの多い不妊治療ですが、毎日の生活を大切にして1日でもはやく妊活が成功するように頑張りましょう。