男性の場合、精子が原因で不妊になる割合はおよそ50%と言われています。



男性不妊の原因

 

男性不妊の原因

 

「不妊」ときくと何だか女性の問題と考えられがちですが、男性にも不妊症の人はいます。

 

仕事の忙しさやストレス、生活習慣などから不妊になることもありますし、女性から「今日は排卵日なの」と言われると勃起できなくなってしまうこともあります。

 

男性の不妊の原因とは一体何があるのでしょうか。

 

>>女性不妊の原因とは?

 

 

精子形成障害

正常な精液の色は白っぽい色をしています。

 

精液がもし濃い黄色や赤みがかっていたら注意して下さい。
前立腺や精膿が炎症している場合があります。

 

精液の異常は不妊の原因になる事が多いのです。
男性の場合、精子が原因で不妊になる割合はおよそ50%と言われています。

 

乏精子症精子無力症精子不動症の場合、投薬治療をしないと不妊症の対象になります。他に精索静脈瘤という、自覚症状はありませんが、こぶのような物が精巣にできる病気もあります。

 

 

 

ED(勃起障害)

ED(勃起障害)は、疲れストレス過去のセックスのトラウマなど、
精神的な事が原因の場合が多いと言えます。

 

しかし、脳出血、脳腫瘍、パーキンソン病などの脳の疾患によりEDになる場合もあるのです。
動脈硬化、糖尿病、加齢などの原因も考えられます。

 

長く続くようでしたら、病院を受診するか、カウンセリングなど、心身の両面から治療する必要があります。

 

 

 

射精障害

膣の中で射精できない膣内射精不能、早漏、遅漏など、射精障害も不妊の原因となります。

 

セックスに集中できなかったり、逆に強いマスターベーションに慣れてしまい、射精障害になってしまう事もあります。全く射精できない場合は精子形成障害や精管障害の可能性もありますから、病院を受診されるとよいでしょう。

 

最近ではED外来や男性不妊外来を設けている病院も増えています。

 

 

 

精子通路障害

精巣で作られた精子が、排出される前に精管内でつまってしまう精子通路障害も不妊の原因になるのです。

 

閉塞性無精子症

精管が左右両方ともに塞がってしまい、精子が精液に混ざらない閉塞性無精子症と呼ばれる病気もあります

 

閉塞性無精子症は自覚症状がないので、病院で検査を受けないと分かりません。治療には精管をつなげる手術が必要になります。

逆行性射精障害

射精時に閉じているはずの膀胱が開いてしまい、精液が膀胱に逆流してしまう逆行性射精障害もあります

 

逆行性射精障害は、セックスの時に正常に射精できないので自分でも異常に気がつきます。

 

多くは先天性のもので自然妊娠が難しくなるため、人口受精になる可能性があります。