不妊治療は年齢に比例して費用も高くなります。



不妊治療にかかる費用

 

不妊に悩む人

 

「不妊症かも…。」と思った時に思い浮かぶのは『子供が出来なかったらどうしよう。』という不安な気持ちでしょう。

 

しかし現在、不妊治療を含めたバイオテクノロジーは世界で最も進んでいると言われています。

 

不妊治療は他の治療の中でも時間とお金との闘いですが、手段を選ばずお金さえあれば妊娠も夢ではないところにまで医学は発達しています。

 

一般的には不妊治療にかかる費用はどれくらいが平均なのでしょうか。

 

 

年齢に比例して費用も高くなる

女性が35歳をすぎた段階で、不妊治療は時間との戦いになります。

 

比較的費用がかからないタイミング法を試すよりも、成功率の高い人工授精や顕微授精を選択する人が増えるでしょう。

 

不妊治療は年齢に比例して費用も高くなると覚えておいて下さい。

 

ちなみに、排卵周期を超音波で調べてセックスの指導をするタイミング治療は、1回につき保険適用で5000円程度です。

 

次のステップの人工授精自費診療となり、1回につき1~3万円
その上の顕微受精は、1回30~70万円位の費用がかかります。

 

数回繰り返して妊娠しない場合は、あっというまに数百万円のお金が飛んで行くことになるのです。

 

 

 

不妊治療にかかる平均金額

ある研究機関の報告によれば、不妊治療にかかる平均金額は、年齢に関係なく集計した場合およそ2年間で140万円となっています。

 

しかし治療方法によってかなり金額に差がありますから、この数字はあくまでも目安と考えておきましょう。

 

年齢別に見ると、30代の前半ならおよそ150万円、40歳ではその倍以上の372万円、45歳になるとなんと3704万円という報告があります。

 

 

 

場所や病院によって違う

不妊治療は、病院で行うと思っていませんか?

 

確かに間違いではありませんが、不妊は病気ではないので、美容整形のように不妊専門に特化したクリニックも存在します。

 

タイミング法や人工授精は普通の総合病院で行う人が多いようですが、体外受精、顕微授精となると不妊専門クリニックで治療を受ける人が大半です。

 

体外受精は胚移植という高度な医療技術が必要になるため、
人気のある病院は数ヶ月から数年待ちになる場合もあります。

 

1回平均50万円程度の費用が必要になりますから、あらかじめ夫婦2人でよく相談して期間と治療回数を決めておいた方が良いでしょう。

 

日本ではまだ少数ですが、海外で代理母を探して出産してもらうケースになると100~500万円はかかります。

 

日本では認可されていない卵子提供を求めて海外で治療をする人の場合、平均で1000万円以上かかると言われていますから、不妊治療はまさにお金次第というのが現実です。