体外受精は100%自費の治療になり、方法によって費用が変わります。



体外受精の費用

 

不妊治療の一番の山場といえるのが「体外受精」でしょう。

 

費用も今までの治療とは比べ物にならないほど高額になりますから、夫婦ともに治療に真剣に向き合うのは勿論、長期化すれば、経済的にも精神的にもかなり辛い治療になります。

 

パートナーの気持ちが折れないように、お互いに気持ちを確かめ合い、支え合う事が大切です。

 

 

体外受精の種類

体外受精は100%自費の治療になります。

 

体外受精の方法はいくつかあります。
その方法によって費用が変わります。

 

ある不妊クリニックの金額を参考にご紹介しましょう。

 

自然周期体外受精

130,000円

簡易体外受精

200,000円~250,000円

ロング・ショート法体外受精

350,000円~400,000円

アンタゴニスト法体外受精

380,000円~450,000円

 

この他の方法もありますが、およそ体外受精では1回の費用はこの程度かかると考えておきましょう。どの方法を選択するか、医師とよく相談してスケジュールを立てましょう。

 

 

 

体外受精の問題点

揉める夫婦

不妊治療で、一番パートナーとの意見が別れるのがこの体外受精治療です。

 

これは、体外受精が高額になるばかりでなく、治療方法も自然妊娠から離れる治療法になっていくからでしょう。

 

人工的に子供を出産する要素が大きくなり、顕微授精では男女の産み分けや遺伝状態まで把握出来ると言われています。

 

医学の領域にどこまで踏み込んで出産するかは個人の考え次第ですが、「オーダーメイド治療」に近い印象を受けます。海外では宗教上体外受精に批判的な見方をする団体もあるようです。

 

体外受精では、出産までの費用も高額ですが、双子や三つ子の出産も自然妊娠にくらべて高くなります。

 

高齢出産で生まれた後、1人でも育児が大変なのに2人以上になると身体的・精神的負担がかなり大きくなります。低体重児の可能性や早産になる場合も多く、胎児、母体ともに負担の大きい出産になることがあります。

 

 

 

体外受精の費用の例

*夫が精子無力症で不妊クリニックに通っているB子さんの検査の内容を例に挙げてみましょう。検査によって費用が保険と自費と分かれますから参考にして下さい。

 

初診料

2,700円

自費

尿検査、心電図検査

10,000円

保険

排卵誘発注射

-

自費

精子凍結

10,000円

自費

胚移植(体外受精)

430,000円

自費

体外受精後の黄体ホルモン注射

-

保険

 

これらの金額はクリニックによって変わります。
あくまでも目安にして下さい。