漢方の効果をより良く発揮できるような生活習慣にすることを心掛けましょう。



漢方は不妊に良いのか?

 

不妊治療には東洋医学である漢方を上手に利用するという手段があります。
病院に行って「生殖問題」に異常が無いのになかなか子供ができずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

不妊には生殖機能の問題だけが考えられがちです。
しかし、「ストレス」「冷え」「生活習慣」など様々な事柄によって不妊になってしまっていると言う可能性もあります。

 

漢方薬jの役割

漢方薬とは、「体質改善」を大きな目標としており、西洋医学の「妊娠の可能性を高める為に行う治療」とは根本的に違います。
また、サプリメントのように「足りない栄養を補うもの」でもありません。
また、漢方はあくまでも「薬」なので、人によってあわない場合や、熱や蕁麻疹などの副作用を起こす可能性もあります。

 

そのため、自己判断で漢方を購入し、服用する事はとても危険です。
現在かかりつけになっている産婦人科の医師や、漢方薬を取り扱っている産婦人科や、漢方医が常駐している専門の薬局などで処方してもらうようにしましょう。

 

その際、自分の体調や体質の症状をきちんと聞き入れてもらえるところを選ぶようにしましょう。
不妊治療に漢方を取り入れたとしても、すぐに妊娠ができるというわけではありません。

 

しかし、それは西洋医学での不妊治療でも同じ事が言えます。漢方であれ西洋医学であれ、効果がすぐに現れるかどうかは人それぞれです。

 

また、日々の生活習慣を考え直す事も大切です。漢方を取り入れ体質改善を試みていたとしても、根本的な生活習慣を見直さなければきちんとした効果を得ることはできません。

 

きちんとした食生活を送る事・体を冷やさないようにする事・ストレスを溜めないようにすること・疲れを貯めないようにする事など、漢方の効果をよりよく発揮できるような生活習慣にするように心掛けましょう。