不妊体質を改善できると言われている漢方薬をご紹介します。



漢方薬で体質改善

 

不妊の原因は「生殖機能の異常」だけではありません。
ストレスや生活習慣や体の冷えなど様々な理由により不妊に至っているケースも考えられます。

 

不妊治療のため病院で色々検査をしてみたけど「異常なし」と診断されたものの、やはり不妊のままとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

漢方薬は不妊の原因がわからない場合に「体質改善」をして不妊の原因を無くすように使用する事が出来ます。
しかし、漢方薬はあくまでも「薬」なので、自己判断で購入するのはとても危険です。
漢方薬は体への負担は少ないですが、体質にあわない場合や副作用を起こす場合もあります。

 

産婦人科の専門医や漢方医など専門家に自分の体質等をきちんと相談して自分に合った漢方薬を処方してもらうようにしましょう。
また、漢方薬だけに頼るのではなく、生活習慣の見直しを行う事も大切です。

 

不妊体質を改善できると言われている漢方薬はどのようなものがあるのでしょうか?

 

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血液を作る元となる栄養が不足している「血虚(けっきょ)」という状態のときにおすすめの漢方薬です。
主な症状としては貧血・立ちくらみ・生理の量が少ないなどです。

 

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

疲れやすかったり、だるさや倦怠感などが取れないなど、「気」がたりない「気虚(ききょ)」の状態の方におすすめの漢方薬です。男性不妊にもおすすめです。

 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

生理時にレバーのような塊が出たり、生理不順や生理痛など生理に問題があるなど血液の滞りに問題がある「瘀血(おけつ)」状態の方におすすめの漢方薬です。

 

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

自律神経が乱れていたり、ストレスによってイライラしたり憂鬱感のある、「気」が滞った「気滞(きたい)」の症状の方におすすめの漢方薬です。

 

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

精力が減退している「腎虚(じんきょ)」の状態におすすめの漢方薬です。卵巣の若返りなどの効果も期待できます。