質の良い睡眠には、なによりもストレスを溜めないことです。



質の良い睡眠

 

質の良い睡眠

 

睡眠は体の休息でもありますが、精神的に心を癒す効果もあります。
ストレスフルな1日の終わりに質の良い睡眠を取る事は、明日への活力には欠かせません。

 

充分に睡眠を取る事は、1日の悩みや疲れを取るばかりでなく、肌の状態を修復し、体の疲労を回復させる効果もあるのです。

 

 

 

寝る前にストレッチをしよう

ストレッチ

心の病気と不眠は深く繋がっています。

 

不妊治療は精神的にも辛い行為です。
本当に赤ちゃんが出来るのか誰も保証してくれません。
考えると眠れなくなる人も多いハズ。

 

質の良い睡眠を確保するために、寝る前はちょっと体を動かしてリラックスしましょう。
ベッドや布団の上でストレッチをすると程よい疲れが安眠効果を誘います

 

 

 

カルシウムを取ろう

イライラしたり、精神的に不安定でなかなか快適な眠りにつけない人は、もしかしたらカルシウム不足かも知れません。

 

カルシウムが不足すると、副甲状腺からPTHというホルモンが異常に分泌され神経を刺激します。そのためイライラしたり、気持ちが落ち着かない状態を引き起こすと言われています。

 

添加物の多いインスタント食品や清涼飲料水などを多く摂取していると大切な体内のカルシウムを排出してしまう事も覚えておきましょう。

 

寝る1時間位前に葛湯やホットミルク、ココアで体を温めて下さい。
ヨーグルト、チーズなどのカルシウムを多く含む食品も積極的に食べる様にしましょう。

 

体を「温める飲み物」と「冷やす飲み物」とは?

 

 

 

快眠にはアロマテラピー

お気に入りのアロマオイルを入浴に使ったり、アロマオイルで脚や肩をマッサージする事は、体の緊張をほぐし、質の高い睡眠を確保できます。

 

アロマ

寝室の環境作りも大切です。

 

綺麗に整頓された部屋、肌に優しいオーガニックコットンのパジャマ、清潔なシーツやタオルは勿論ですが、寝る前にアロマポットにオイルを1、2滴落としてキャンドルや電気で温めると心地よい香りが部屋を包み、いつもよりも熟睡できるはずです。

 

アロマオイルは、ラベンダー、スイートオレンジ、ローマンカモミール、ネロリ、クラリセージ、ゼラニウム等がお勧めです。

 

 

 

いかがですか。質の良い睡眠には、ストレッチやアロマの香りが有効ですが、何よりもストレスを溜めない事が重要です。

 

不妊はパートナーとの二人三脚。
不安や悩みは1人で抱え込まずにお互いに共有しましょう。

 

精神的な満足感が、なによりも一番安眠作用が大きいと覚えておいて下さいね。リラックスして毎晩熟睡できれば、必ずコウノトリが赤ちゃんを運んで来てくれるはずです。