不妊治療のゴールを決めておきましょう。



コラム

 

コラム

 

不妊治療の方法は個人の原因によって変わります。
自分と他人を比べても、結果が分からないのが不妊治療の辛い所でしょう。

 

パートナーとの関係性や、自分のストレスなど、目に見えない様々な要因がすべて不妊の原因だと考えてしまいがちです。

 

不安な時は情報を収集したり、専門家のカウンセリングが効果的です。
第三者の意見や情報を上手に取り入れて不妊治療の不安を取り除いて下さい。

 

 

不妊治療で大切な事

不妊の原因は人それぞれ。
パートナーとの考え方で、不妊治療の方法も変わります。
大切なのは、世間の常識よりも2人の考えを一致させる事です。

 

不妊治療は、長引けば長引く程、経済的負担が重くなり、パートナーと意見が衝突するようになる事が多いのです。あらかじめ、2人でよく話し合っておきましょう。

 

 

 

ゴールを決めておく

不妊治療のゴールを決めておきましょう。

 

38歳まで、と年齢を制限しても良いですし、人工授精を10回まで、と治療回数で決めてもかまいません。2人で納得出来るゴールを決めて下さい。

 

今は卵子を凍結したり、精子バンクといった医療が飛躍的に進んでいます。
医師と相談してどこまで不妊治療をするか決めておかないと、経済的にも精神的にもかなり負担が重くなってしまうでしょう。

 

 

 

ここでは不妊に関する様々なコラムを集めてみました。
ぜひ参考にして下さい。