もし「不妊では?」と思われるなら早めに検査をすることをお薦めします。



まずは検査

 

まずは検査

 

2年以上夫婦生活を続けているのに赤ちゃんが授からない、妊活に不安を抱えている女性は多いと言われています。

 

不妊は女性だけの問題ではありません。
不妊の原因の半分は、男性が原因の場合が多いのです。
積極的にパートナーと話し合い、子供を授かるための準備や心がまえをしておきましょう。

 

もし「不妊では?」と思われるなら、早めに検査をする事がおすすめです。

 

男性は、特に自覚症状がないために不妊症の発見が遅れがちになります。
女性は、「35歳の壁」を意識しないとどんどん出産の可能性が低くなってしまいます。
まずは病院で検査をしてもらい、先生とパートナーと三人四脚で出産問題に取り組んで下さい。

 

働き盛りの30代、40代の夫婦にとって、仕事と不妊治療の両立には時間と経済的余裕が必要です。場合によっては数年間という長い戦いになりますから、夫婦の絆がしっかりと結ばれていないと途中で挫折することもよくあるのです。

 

主に女性に負担がかかる場合が多いので、男性はパートナーの良き理解者、協力者になってあげる事が大切です。

 

不妊治療の検査は多岐に渡り、体外受精となれば会社を休む事も必要になります。
夫婦間だけでなく、会社の理解も得ておく事が不妊治療を成功させる秘訣です。