人工授精は、体外受精に比べて、自己負担も段違いに安くすみます。



はじめて人工授精を挑戦しました。

 

お腹を押さえる女性

 

夫も私も36歳、お互いに時間に不規則な職場で働いていたので、子供もできたら産もう、くらいに考えていたら35歳をすぎても出来ず、なかば不妊症を覚悟して病院で検査を受けました。

 

結果は私の子宮筋腫卵管障害

 

病院で治療を受けながらすぐに不妊治療がはじまりました。

 

 

年齢的な事もあり、はじめから人工授精を勧められました

 

タイミング法を試すよりも効果が高い人工授精は、体外受精にくらべて自己負担も段違いに安くすみます。

 

男性も負担の少ない方法なので夫も賛成してくれました。

 

人工授精を行う場合は月に3~4回は病院にいかなくてはいけません。
会社の近くの病院にして良かったとつくづく思いました。

 

男性よりも女性の方が圧倒的に負担の多い治療法だと思います。

 

私は排卵誘発剤を途中から使用したので来院する日数が増えてよく夫に八つ当たりしました。
夫は月に1度しかいかなくて良かったからです。

 

私は何回も注射をしなければならず、仕事も早退や欠勤が増えて職場でも同僚からさりげなく嫌みを言われてホントに落ち込んだ事が何度もありました。

 

 

半年治療を頑張れば4割の人が妊娠に成功すると先生に言われ、半年は頑張ろうと必死でした。
その間ははっきり言って不妊治療のことが頭から離れませんでした。

 

毎朝グリーンスムージーを飲み、玄米ご飯や無農薬野菜を意識して食べたり、健康に注意しました。特にタバコを吸う人の側には絶対にいかないようにしました。

 

自分でも神経質になるくらい、必死で頑張ったと思います。

 

私の子宮筋腫と卵管障害は、それが原因で妊娠出来ない事ではないと言われましたが、やはり自分の体調管理に気をつけなかったと反省しました。

 

30代で妊娠したかったら普段から気をつけて体のケアをしたほうが安心です。

 

7回目の人工授精でやっと妊娠する事ができました。

 

病院で妊娠判定を聞き、hCGという妊娠した時にのみ産出されるホルモンが認められた時は、本当に嬉しかったです。

 

不妊治療をしている事は誰にも言っていなかったので、精神的に非常に辛かったので、妊娠が分かってから会社や友人にすぐ伝えました。

 

すると友人の中にやはり不妊治療をしている人が分かってびっくりしました。

 

翌年無事男の子を出産し、現在は育児休暇中です。
はっきり言って会社を辞めて育児に専念したい気持ちでいっぱいです。

 

やっと授かった子供の成長を見守り、これからは仕事よりも子供を優先する人生を送りたいと思っています。